ジェットスキーで沖縄で遊ぼう!

船やクルーザーなど手配が分からなければ是非ご相談してみてください - すごい荒れた天候

Author

  • 名前:ゆうき
  • 性別:男
  • 年齢:23歳

23歳で小学校の教諭をしています。 今はなかよしクラスの担任で 受け持ちの生徒が一人います。 学生の頃サッカーをよく見に行く ようになってから毎シーズン観戦 するのが楽しみです。 よろしくお願いします。

アーカイブ

カテゴリー

すごい荒れた天候

vjkytpijtd3txxrrp沖縄旅行(偵察)その2
ブルースタイル沖縄 株式会社のスタッフ(マエダさん)のジェットスキーの運転で浜辺に向かったものの、やはりすごい荒れた天候!マエダさんが、波を見ながらゆっくりゆっくりとジェットスキーを走らせながらなんとか浜辺が見えてきました。しかし、浜辺の近くは浅瀬のせいか白波がたっていてその間をくぐりながら上陸するとのこと。私の心の中は「おいおい、ホントに大丈夫か?こんないろんなとこから波が入りくんでるのに」と思っておりましたが、私たちの仕事の事も考えて上陸作戦を練ってくれた事もあり、なかなか断れない状況だってので、意を決して向かいました。しかし、やはり、断ればよかったとの思いもつかぬ間にジェットスキーが横波を受けて、後ろに乗っている私だけが海に投げ出され、あっという間にジェットスキーから離れてしまい、波に飲み込まれジェットスキーとの差およそ15メートルまではなれてしまいました。なんとか、ジェットスキーを運転しているマエダさんが近づいて私を助けようと必死になっていましたが、私がジェットスキーをつかんでも一人の力でジェットスキーに上ることができず、あえなく失敗!二度目のトライまたもジェットスキーを掴んだが、力が残っていません。荒波の中ジェットスキーの事も考えながらマエダさんが必死に手を差し伸べてくれてなんとかジェットスキーに上がる事ができました。
これは、マリンショップを長年やられた(実際にはわかりませんが・・・)マエダさんも浜辺への上陸を断念せざるをえないとの判断で、あえなく帰還!帰りのジェットスキーでの思いは本当に無事ジェットスキーに乗れたことに感謝!マエダさんに感謝!自然の力の前では人は無力なんだと実感させられる思いでした。
とまあ、こんな感じで、沖縄旅行偵察部隊は東京へと無事帰還したのですが、こころからライフジャケットの意味を知らしめる気持ちでいっぱいでした。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2013sbarcodesgas.orgAll Rights Reserved.